面接の準備


面接は企業と応募者が「お互いの希望や適性、能力など」を確認する場です。

社風、哲学、価値観など。職場のあらゆる所に、自分との相性を推し測るヒントが隠れています。

そして、具体的な仕事内容、期待される役割などは、面接官との意見交換の中でマッチング度合いを測ります。

しっかりと準備して臨みましょう。


posted by CDA at | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新卒採用、TOEICは730点以上…武田薬品


 製薬国内最大手の武田薬品工業が、2013年4月入社の新卒採用から、英語力を測る学力テスト「TOEIC」(990点満点)で730点以上の取得を義務づける。 通訳業務や海外赴任を前提とする採用を除いて、国内大手企業が新卒採用でTOEICの基準点を設けるのは極めて珍しく、他の大手企業の採用活動にも影響を与えそうだ。
 730点以上は「通常会話は完全に理解できる」水準とされ、得点者は受験者の1割強にとどまっている。
 武田薬品は、海外事業や研究開発体制の強化のために、外国人研究者の採用や海外の新薬候補品を持っているベンチャー企業のM&A(企業の合併・買収)を積極化させている。採用条件に高い英語力を明示することで、海外事業や研究開発の強化に対応できる人材を獲得する狙いがある。

   読売新聞


結構高いレベルを要求していると思います。 そこそこ勉強しないと難しいレベルですね。
posted by CDA at | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

企業内の公用語を英語に


毎日新聞は、ファーストリテイリングが2012年3月から社内の公用語を英語にする方針と伝えた。柳井が同紙の取材に答えたもので、日本のオフィスも含め、幹部による会議や文書は基本的に英語とするほか、導入までにTOEIC700点以上の取得を求める意向である。

また楽天も国際事業説明会で、2012年末までにグループの公用語を英語にすると正式に発表した。すでに楽天は取締役会や毎週月曜日の全社員対象の朝会を英語で行なっていると聞くが、今後は社内コミュニケーションの完全英語化を推し進めることで、「日本企業であることを止め世界企業を目指す」という。

毎日新聞


英語が仕事を行って行く上でさらに重要な位置づけになっていくのでしょうか。
posted by CDA at | 新聞記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
アルバイト探しの天才
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。